西東京菜の花エコ・プロジェクト 公民館市民企画事業 講演会「私たちと水、食べ物、エネルギーそして農業からまちを考える」

3月5日(日) 谷戸公民館

「まさか人間の心理の話にまで行きつくとは・・・」

農業に関する話を講演で話すのかと思っていたら、それだけでは収まりませんでした。西東京菜の花エコ・プロジェクトは今まで体験型環境学習・啓発活動・環境に関する学習会等を開催していましたが、15周年を迎えこれからの「農のあるまちづくり」を考えるきっかけとして環境を考える若い世代を招き、新たな活動へ踏み出そうとしています。

まず事例発表をした若尾氏と高村氏は医農福連携、自助と互助、健康作りと多世代交流、産後ケア、新しい公共など、農業だけでなく、コミュニティだけでない、分野を超えて社会問題に取り組むまちづくりを実践していることを報告しました。

高村和明 まちにわひばりが丘事務局長 HITOTOWA INC.ディレクター

若尾健太郎
ノウマチ西東京農地保全協議会事務局長
株式会社ユニココ代表取締役

次に講師の宮沢氏は農学を起点として幅広い分野を研究しており、持続可能な環境を実現するためには必ずしもコストをかける必要はなく、昔ながらの智恵と、現代の技術を組み合わせて新たな発想と工夫をすることが大事だと言います。しかし中々今までのやり方を手放すのは難しいもの。そこで必要なのは心理学的手法だというのです。

宮沢佳恵
農学博士
東京大学大学院農学生命科学研究科
農学国際専攻
国際植物資源科学研究室准教授

ワークショップで考えたのは「自分が怒っていること」。「怒り」の根本を考えると往々にして些細なことであったり、「こうでなければならない」という自分のフィルターに固執していることによって解決が難しくなることがあります。自分がなぜ怒っているのか、客観的に見つめることが大事だということでした。